会派の行政視察で、長崎県長崎市に行って来ました。
令和4年9月23日の西九州新幹線の開業から1周年を迎え、長崎駅周辺再整備事業として、長崎市主体の長崎駅周辺土地区画整理事業、長崎県主体のJR長崎本線連続立体交差事業、国主体の九州新幹線西九州ルート(武雄温泉~長崎)が、相互に関連しながら長崎の陸の玄関口としての再整備が進められています。
また、バリアフリー動線が確保され、まちなか周遊バスも運行されています。
まちづくりの特徴としては、駅舎、駅前広場、街路なだおは専門家や行政で組織する会議体でデザイン調整が行われ、整備されています。
さらに、まちづくりシンポジウムやワークショップ、そして現場見学会などが開催され、気運醸成が図られています。
福島市でも福島駅東口地区第一種市街地再開発事業が進められておりますが、長崎市の事例は先進的な取り組みで、実り多い視察となりました。

会派の行政視察(長崎駅前)
会派の行政視察(長崎駅前)

Follow me!