福島市議会総務常任委員会の行政視察で、愛知県豊橋市に行って来ました。
これは所管事務調査である「災害時における市の役割・市民の役割に関する調査」の一環です。
愛知県豊橋市は防災技術を習得した地域の実践的リーダーとなる「防災リーダー」を養成し、地域防災力を高めています。
また、町単位の自主防災組織だけでは対応できない場合や災害が広範囲に及ぶ場合等には、「自主防災組織活動マニュアル」によって各自主防災組織が円滑に活動できる体制づくりを推進しています。
さらに、市民一人ひとりが災害に普段から備えるため、自ら歩いて、見て、調べて記入して作る書き込み型の「防災コミュニティマップ作成の手引き」が作成されました。
他にも、防災キャラクターによる啓発や防災訓練等、多くの取り組みが実施されています。
どの施策も災害時の被害軽減に資する先進的な取り組みで、実り多い視察となりました。

愛知県豊橋市役所(福島市議会総務常任委員会の行政視察)
愛知県豊橋市役所(福島市議会総務常任委員会の行政視察)