ふくしま未来政治塾(第8期)の第5回目の講座に参加しました。
今回は、「宇宙太陽光発電システムについて」と題して、宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)の准教授と研究開発員の方々によるご講演がありました。
宇宙空間で太陽光発電を行い、地上にエネルギーを無線で送る発電所である太陽発電衛星(SPS)を紹介頂きました。
この様な発電システムは1968年に米国のピーター・グレーザー博士によって提案され、それ以降、世界各国で研究が進められています。

ふくしま未来政治塾
ふくしま未来政治塾