福島市議会文教福祉常任委員会の行政視察で、東京都荒川区立尾久小学校に行って来ました。
これは所管事務調査である「小学校におけるICTを活用した学習活動の充実に関する調査」の一環です。
東京都荒川区は福島市の友好都市です。
東京都荒川区では、「すべての子どもたちに21世紀型能力を身に付けさせる」ことを目標に、2014年9月に区立の全34校に約1万台のタブレットを導入し、普段の授業で活用しています。
また、全ての普通教室に電子黒板が設置されており、タブレットに関する教員研修の充実を図っています。
さらに、SNSに関する独自のルールを策定し、学校や家庭でのルールづくりを推進しています。
どの施策も小学校におけるICTを活用した学習活動の充実に関して先進的な取り組みで、実り多い視察となりました。

福島市議会文教福祉常任委員会の行政視察(東京都荒川区)
福島市議会文教福祉常任委員会の行政視察(東京都荒川区)