市民シンポジウム「遊びつくせ!信夫山。30年後の未来に向けて。」に参加しました。
NPO法人ストリートふくしまが、信夫山の資源を活かし、福島市を活性化するために開いたものです。
主催者や福島市長の挨拶後、パネルディスカッションが行われ、コーディネーターの福島大学経済経営学類の奥本英樹教授と共に、5名のパネリストが、30年後の未来に向けて活発な意見を交換しました。

市民シンポジウム「遊びつくせ!信夫山。30年後の未来に向けて。」
市民シンポジウム「遊びつくせ!信夫山。30年後の未来に向けて。」