福島市議会総務常任委員会に出席しました。
所管事務調査について協議し、調査テーマを『災害時における市の役割・市民の役割に関する調査』と決定しました。
近年頻発する自然災害などに対する備えは、以前に増して重要となっております。
福島市では危機管理室を市長直轄組織として、災害対策オペレーションシステムや屋外スピーカー等を整備するなど、体制の強化を進めています。
しかし、最終的に市民の生命を守るために市民自身の避難等の行動が必要であり、いかに市の発する情報が正確に市民に伝わるか、また、それにより市民の必要な行動に繋げることができるかが重要です。
よって、災害時に市、市民双方が互いに必要な行動をとり、市民の的確な避難行動に繋げ、被害の軽減に資することを目的とします。

総務常任委員会
総務常任委員会