会派の行政視察で、神奈川県大和市の大和市文化創造拠点シリウスに行って来ました。
大和市文化創造拠点シリウスは、図書館、芸術文化ホール、生涯学習センター、屋内こども広場を中心とした文化複合施設で、子どもから大人まで多くのみなさまに、芸術文化や生涯学習の素晴らしさ、新しい知識・人々との心弾む出会いを届け、心に一体感を生み出す場として、平成28年に誕生しました。
図書館には読書テラスをはじめ、多種多様な閲覧席があり、誰もがくつろぎながら本に親しむことが可能です。また、こども図書館や点字図書室、そして調査・相談も受けているレファレンスカウンターなどもあり、まさに誰もが利用可能な図書館です。
芸術文化ホールには1007席のメインホールや272席のサブホール、そしてギャラリーなどがあり、トップアーティストによる公演や展覧会など、身近に芸術文化に触れることが可能です。さらに、同じフロアにはスターバックスや授乳室、そして防災センターなどもあります。
生涯学習センターには予約なしで自由に利用できる市民交流スペース、定員145名の講習室、そして調理実習室・会議室や和室などがあり、様々な生涯学習に対応可能です。
屋内こども広場には3歳から小学2年生を対象とした親子のあそびの広場、げんきっこ広場や、0歳から2歳までの乳幼児を対象としたちびっこ広場などがあり、天候を気にせず、子どもの成長に必要な知力や体力を養うことが可能です。
さらに、大和市が目指す将来都市像「健康都市やまと」にふさわしい市民の学びの場として、平成31年4月に「健康都市大学」をスタートしました。
「健康都市大学」は、市民が受講生として講義を聴いて学ぶだけでなく、自身が持つスキルや知識、経験を基に講師となることも可能で、市民どうしで学び合い、交流する場を創出しています。
福島市議会でも「新庁舎西棟建設調査特別委員会」を設置し、風格ある県都を目指すまちづくり構想における福島市役所新庁舎西棟の建設にかかる調査が進められておりますが、大和市の事例はどの施策も先進的な取り組みで、実り多い視察となりました。
今回の視察を一つのきっかけに、公共施設の有効な再編整備に向けて引き続き調査・研究を続け、政策立案を行い、議会等で提案してまいりたいと思います。

会派の行政視察(大和市文化創造拠点シリウス)
会派の行政視察(大和市文化創造拠点シリウス)