福島市議会建設水道常任委員会の行政視察で、千葉県柏市に行って来ました。
これは所管事務調査である「道路の効率的な維持管理・安全対策に関する調査」の一環です。
千葉県柏市は2014年に国土交通省の社会実証事業に参加し、ICTを活用した「道路パトロール支援サービス」による点検手法を導入しています。
具体的には、パトロール車にスマートフォンを搭載し、通常のパトロール時に自動的に路面データを収集する等、低コストで舗装の簡易診断を実施しています。
収集したデータを基に補修の優先順位を決めることで、効率の良い道路補修が可能となっています。
2015年からは本格運用を開始し、広範囲の路面を効果的に把握しています。
この取り組みは、2016年に国土交通省の「インフラメンテナンスに関わるグッドプラクティス」に選定されています。
どの施策も市民にとって安心安全な道路環境の充実に向けて先進的な取り組みで、実り多い視察となりました。

福島市議会建設水道常任委員会の行政視察(千葉県柏市)
福島市議会建設水道常任委員会の行政視察(千葉県柏市)