消防署の方に同行し各家庭を訪問しながら、消防団の一員として、一般家庭防火指導を行いました。
すべての住宅で、住宅用火災警報器の設置が義務づけられています。
寝室と、寝室がある階の階段には、煙を感知する(煙式)住宅用火災警報器を、必ず設置しなければなりません。
さらに、台所(煙式または熱式)や居室(煙式)にも、取り付けが推奨されています。
また、設置後の定期的な作動確認や、10年を目安とした交換が推奨されています。
空気が乾燥する季節は、火災が発生しやすくなります。火の元には十分注意しましょう。火の用心です。

一般家庭防火指導
一般家庭防火指導